あなたに質問です。
下記2枚のPOP、あなたが『書きたいPOP』はどちらですか?
(書ける書けないは別にして、お考え下さい)

では続いて、もう1つ質問です。
2枚のうち、商品が『売れるPOP』はどちらだと思いますか?

…手書きPOP実践者の約8割に該当する衝撃的な事実なのですが、
あなたが思い描く『書きたいPOP』。
そして、商品が『売れるPOP』。
実は、ここに大きなズレが生じています。

あなたが書きたいと思われているPOPでは、商品が売れない。
売上につながりにくいPOPを一生懸命書いている。
その可能性が高いのです。

なぜ、そんな事が言えるのか?
今からその秘密を暴露します。

『売れるPOP』と『売れないPOP』
この違いって、何か解りますか?

私の周りには、手書きPOPを使って売上を上げる、
店主さんや従業員さんがたくさんいらっしゃいます。

例えば、ブログやメルマガでもお伝えしています、ある美容院さん。

実は、商品のセールスを一切されていませんでした。
というのも、商品説明をした時にお客さまが嫌そうな顔をされる。
それを見ていると、

「次、お店に来てくれないんじゃないか?」
「もう、ご予約してくれないんじゃないか?」

失客の恐怖があって、一切セールスをされていませんでした。

従業員さんにも、
[商品の販売はしなくていい」
そう伝えられていました。

しかし、あるキッカケで手書きPOPを実践。

すると、年間5~6本しか売れなかった化粧水が、1ヶ月目から58本売れました。
(単純計算すると、売上対比116倍~139倍です)

「いやぁ、こちらから何も言わなくてもお客さまから欲しい
って言って頂けるようになりました」

後日セミナーでお会いすると、オーナーさんはそう話されていました。

また、ある洋菓子チェーン店の店長さんは、前年比売上110%~120%を毎月、達成し続けました。
軒並み他店舗が売上を落とす中、大雪が降ったひと月をのぞき毎月連続で売上を上げ続けたのです。

会社の営業会議でも、
[●●店を見習いなさい」
と、全従業員の前で上司に褒められた事もありました。

手書きPOPを実践し、こうした結果を残し続けるお店さんがある一方、

「POPを書いているけど、売上が上がらない」
「お客さまに読んでもらえている気がしない」
「商品を売るためには、どんな内容を書けば良いんですか?」

そういったご相談は、後を絶えません。

「なんでだろう?」
と考えてました。
すると、1つの大きな原因がありました。

『学ぶノウハウが間違っている』

のです。

手書きPOPには、2つのタイプがあります。

1.売れるPOP
2.売上につながらないPOP

この2つです。

どちらが良い、悪いの問題でなく目的の違いです。
「売上につながる」POPを書きたいのか?
それとも、「見映えの良い」POPを書きたいのか?
このたった1つの違いです。

実は体験談なのですが、某通信講座で『POPデザイン講座』を学んだ事があります。
マジックと練習帳が送られてきて、「あいうえお」から始まり、字の書き方を練習する講座です。

受講してみて感じたことは、

いくらマジックで綺麗な文字が書けるようになっても、商品は売れない…という事です。

勿論、独特のPOP字を書くことを否定するつもりは全くありません。
私も筆文字講座を開講しています。
ただ、1つ言えるのは、『綺麗な字を描く事』と『商品を売る事』は違うのです。
独特の個性的な字が書けたからと言って、商品が売れるわけではありません。

全くの別物です。

もしも、あなたが手書きPOPを使って、
商品を売りたい。
業績を上げたい。

と思われているのなら、『売れるPOP』の書き方を学ぶ必要があります。
あまりにも当たり前過ぎる事実ですが、多くの方がここを混同してしまっています。

世の中に出回るPOPに関する情報。
中でも、あなたが目にしたり、耳にする情報の70~80%は、売上につながりにくい。
見映えを重視したPOPの書き方です。

いくらこのノウハウを学んでも、商品は、思うほど売れません。

一方、このような状況を生み出しているのは、

私たちの責任でもあります。

「手書きPOPには2つのタイプがあって、今教えているPOPは売上につながりにくい。
だけど、お店の見映えをよくするPOPだ」

という事実を、POPを教える先生自身が知らないのです。
もちろん、生徒さんにも伝えられていません。

あなたも運悪く、このような先生の元で手書きPOPを学んでしまうと、いっこうに成果が上がらない。

時間と手間、モチベーションだけが奪われる。

そんな悲惨な結果を招いてしまうのです。

逆にいえば、『売れるPOP』の書き方をマスターしたお店では、順調に成果を上げています。

下記の写真をみてください。
あるパン屋さんの売場写真です。

あるパン屋さんの手書きPOP

少し見づらいのですが、中央に大きなPOPが1枚掲げられています。
こちらのお店の人気商品「塩パン」のPOPです。

あなたはこのPOPを見て、どう感じますか?

中身までは読みづらいかもしれません。
ただパッと見た感じ、

「そんなに文章を書いても、読まれないのでは…?」
「文章が長過ぎじゃないの?」
「もっとメリハリを付けた方が良いんじゃないの…?」

もしかすると、あなたもこんな風に感じたかもしれません。

…さて、実際にこちらのPOPを売場に設置してみると、塩パンの売上はどうなったか?

翌月の塩パンの売れ数は、『前月比143%』になりました。
前月は約700個だった売れ数が、1,000個以上になりました。

…売れるPOPには、『型』が存在します。

売れるPOPの『書き方』があるのです。
その書き方を知って、POPを書けば売上は上がります。

世の中のPOPノウハウの大半は、

・売れるPOP
・売れないPOP

ここを混同して教えています。
POPの見映えばかりを重視して、結果につながる書き方を伝えていないのです。

だから、売上につながらないのです。

日々の忙しい中、本業の時間を割いてPOPを書く。
結果を出したいですよね?

せっかくPOPを書いたのに、売場から商品が減っていなかったらショックですよね?
お店中の商品をPOPを使って、売りたいですよね?

「綺麗なPOPが書けた。でも売れない…」
自己満足では終わりたくありませんよね?

POPを使ってお客さまとの会話が弾み、その結果、商品も売れたらこんなに嬉しい事はありませんよね?

その為には、売れるPOPの書き方を知る必要があります。

基本となるポイントさえマスターすれば、
初心者であっても…、
字を書くのが苦手であっても…、結果は出ます。

継続的に売り続けられます。

あなたに、売れるPOPの『書き方』を伝授します。

POPを使って商品を売るための極意です。

手書きPOPを実践していくうえで、抑えておくべき根っこの部分を掴んでいただきます。
多くのお店は、派手な部分にばかりに目がいっています。
分かっているようで、まだまだ実践できていない。
ごっそり抜けて落ちています。

もしも、本気で手書きPOPで成果を上げたいのなら、押さえておいた方が良い。
実践すれば、成果は上がる。

多くのお店が軽視し、実践していないポイントを実践できるようになって頂きます。
きっちり成果につなげて頂きます。

受講することでメリットを受け取れる方


当講座は、手書きPOPの基本を学ぶ内容です。
いわば、手書きPOPのビギナーガイドブックです。

ただし、勘違いしないでくださいね。

「基本を学べる」というと、
「なーんだ、私(オレ)には関係ないや。
もっと売上につながるノウハウを聞きたいや」
なんて思われるかもしれないです。

しかし、ハッキリと断言します。
今回のセミナーでお伝えすることをしっかりと実践して頂くだけでも、成果は上がります。

売上につながるPOPが書けるようになります。
ここを抑えずして、手書きPOPで成果は上がらない。
臼井が自信をもって言えるポイントばかりをお伝えします。

具体的な内容は、下記で構成されています。

他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...
講座の合計時間は、約138分に及びます。

なお、当講座の各ステップは、POP実践者の方から頂いた質問をもとに構成されています。
言い換えれば、多くの方が実践する中で疑問を感じる。
躓いてしまうポイントを徹底的に網羅しています。

これからあなたがPOPを進めるにあたり、大きなヒントになるでしょう。

なお当講座は、『ビギナーガイドブック』と言っても、マニュアルブックが届くわけではありません。

動画をお届けします。

今回の講座は、オンラインの動画形式であなたに提供します。

つまり、インターネットにつながる環境でパソコンやタブレット端末があれば、お店やご自宅などどこでもご覧いただけます。 仕事のちょっとした隙間時間にでも、勉強できます。

イヤホンを耳に装着さえすれば、周囲を気にする事無く、空き時間を有効活用できます。

またDVDが自宅に送られてくる事がないので、ご家族に内緒で参加し、内緒で業績をアップし、そしてサプライズでご家族にプレゼントをしたり、会社からボーナスを頂く事も可能です。

一般の人々が、ダラダラとTVを観て過ごす時間、
あなたは、ヘッドフォンをして密かに売れるPOPを学び、1枚でも多くPOPを書きあげて下さい。
そして、ライバルに差をつけて下さい。

動画は売れるPOPが書けるようになるまで、何度でもご覧いただけます。

ただもしかすると「インターネットが得意じゃないし、うまく観れるかな?」ご不安かもしれません。

心配する事は何もありませんよ。

今こうしてこの手紙をご覧になっているあなたであれば、問題なく視聴頂けます。
Youtubeの動画を見る感覚で、誰でも簡単に勉強ができ、結果を出す事ができます。

参加された方には、お手続き確認後、専用のIDとパスワードをメールにてお伝えします。

このIDとパスワードとインターネットの繋がる環境さえあれば、あなたはいつでも売れるPOPを、どこにいても学べ、いつでも業績アップのスタートを切れるのです。

万が一、操作方法が解らないという事であれば、お手続き後にご連絡するアドレスにメールをお送り頂ければ丁寧に解説いたします。

一部、内容をのぞき見できます

下記画像をクリックすると、ご覧いただけます。

 

さて、当講座の価格です。

私が講演やセミナー依頼を頂く際には、最低でも10万円(+旅費)を頂いています。
e-ラーニング講座は、多くが1万5千円~2万円で販売しています。

しかし一方、 当講座はPOPを学んで、これから成果を掴みたい方。
これから本格的に手書きPOを実践したい方へ向けて収録いたしました。
ですので、できる限り実践のハードルを低くしたいと考えています。

さらに、あなたが臼井から講座を学ぶのは、初めての機会かもしれません。
臼井への信頼度もまだまだ低いと思います。

そのような要因も踏まえて、あなたに取り組んで頂きやすいような価格を設定いたしました。

E-ラーニング:『手書きPOPビギナーガイドブック』
~手書きPOP入門ガイド導入編2.0
(講座時間:約138分)

受講料は、7,800円です。

まずは、この講座を学んで、
「手書きPOPをやれば、売れるんだ」
という手応えを掴み取って下さい。

そして、手書きPOPの威力を実感して下さい。

手書きPOPは、売上を稼ぐスキルです。

スキルは一旦習得すれば、消えてなくなりません。
1回商品が売れたら効果が無くなる、という事もありません。
どんな商品でもあっても、何度でも、継続的に、商品の価値が下がるまで販売し続けます。

あなたがPOPを書き続ける限り、売上を上げ続ける事ができるのです。
ある意味、あなたが一生所有し続ける事ができる資産となります。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、手書きPOPは、人生を変える。
本気で思っています。

以下の申し込みフォームを参加表明をしてその一歩を踏み出して下さい。

応援します。
一緒に前に進んでいきましょう。

 


※ご入金を確認後、オンライン動画をご覧になれるURLをメールにてお届けいたします
(DVDなどのパッケージは届きません)

 

Q&A:ご質問にお答えします

Q.インターネットが得意じゃないですけど、大丈夫ですか?

受講者の方には、メールにて「受講者専用」ページをお伝えします(URL(http://www…)。URLをクリックしていただければ、「受講者専用」ページがご覧になれます。そのページから動画をご覧いただけます。
パソコンやタブレットをお持ちで、普段メールをご覧になっている方でしたら問題なく受講いただけると思います。

Q.いつ教材は届きますか?

お申し込みをしていただき入金確認がとれ次第、動画を閲覧するための専用ページのURLをメールにてご連絡いたします。

Q.動画はスマートフォンでも学べますか?

はい、ご覧いただけます(当社のi-phoneでも閲覧できました)。ただ、スマートフォンの機種やバージョンによって条件も違うため、読み込みに時間がかかる場合などもあり、100%の事は言えません。パソコンやタブレットでご覧頂くのが確実な方法ではあります。


前作『手書きPOP入門ガイド』~導入編1.0
受講者さまのお申し込み時の意気込み

(※当講座は、前作『手書きPOP入門ガイド』に最新のノウハウや事例を加えたバージョンUP版です)


「POPで目を引き、買っていただきたい」(サービス業 男性)

物販のカタログを主に取り扱っているため、店頭に現物がない状態でお客さまに商品説明等を行っています。POPで目を引き、買っていただけるようになれば、と思い申し込みいたしました。

「書き方の基本を学びたい」(和菓子販売 女性)

お世話になっております。●●(お名前)です。
POPを書くようになってから、書いたものにしっくり来る時と、そうでないときとあるので、書き方の基本等学びたいと思ってます。

「仕組みをつくりたい」(エステティシャン 女性)

自分から説明しなくても、お客様から言ってもらえるような仕組みを作りたいです

「頭がごちゃごちゃでまとまらない」(整体・アロマセラピー 女性)

自店のことを分かりやすく伝える店前看板やおすすめ商品のポップを手書きで作りたいけど、何を書いたらいいのか頭の中がごちゃごちゃでまとまらないです。


「ほとんどやった事がない」(理容業)

女性PCばかりで作ってたので手書きもしたいと思いましたが、殆どやったことがないので出来るかどうかが心配です。


「書くポイントが分からない」(小売酒屋 男性)

何をポイントにすれば良いか。商品自体?ストーリー?の見極め。

「心に響きました」(コピーライター 女性)

始めまして。コピーライティングを勉強しています。
主人が整骨院をやっておりますので、物販や他、DM、チラシなど沢山やることがありますので、基礎の後、他の講座も勉強させて頂きたいと思っております。
ブログなど読みました。とても共感でき、心に響きました。よろしくお願いします。


「卸先を獲得したい」(化粧品小売 女性)

口コミが少ない新規顧客を増やしたい卸先を獲得したいよろしくお願いいたします


「激安店が近くにできた」(リラクゼーションサロン 男性)

リラクゼーションの店長をしていますが、激安店が近くに出来たり、同じフロアのライバル店も価格を激安にされたりして、夏から大きく売り上げが落ちました。
オーナーもいずれ価格改定するみたいですが、大きく価格を下げる予定はありません。
ストレッチコースなどを追加しようかと話していますが、なんとかPOPで挽回したいと思っています。
宜しくお願いしますm(__)m

「新規客を増やしたい」(飲食店 男性)

新たに新規客を増やしたいです。


「売場づくりのために」(小売店 男性)

魅力のある売場づくりの一助として!


「POPに興味があります」(業務卸 女性)

特に商品を陳列して即売する店舗ではないので困ったことはないのですが、POPに興味があります。

「整骨院でPOPはどう使えば?」(整骨院 男性)

単純にPOPの良い書き方がわかりません。
茨木市出身と言うことで親近感がわき、勉強しようと思いました。
飲食や物販のPOPは有効性がわかるのですが、整骨院でのPOPはどう書いたらいいのかわからないので。


「●万を超すほど買い込んだけど」(墓石小売業 男性)

在りがちなPOPでは無く心のこもった、お客様に心に響く「買いたくなるような」ともまでは申しません。
「印象に残る。」石を売るのではなく意志を訴える(新しい供養の有り方、海洋散骨・樹木葬・手元供養等、ド田舎で従来に無い供養の方法を広める)お客さんに共感頂けるようなPOP(手書き)で商売したいですが、どうも空振り続きで…●●●さんとかの書籍とかもだいぶ〇万を超すほど買い込みました(笑) 


「色のつかい方が分からない」(整体 男性)

ポスカを使っているのですが、色の使い方や見せ方がよくわからない。


「文章量の量は?」(リラクゼーション 女性)

レイアウトや色の使い方伝える内容と文章の量←適当な量は?


「書くペンはどんなものを?」(酒屋 男性)

POPを書く道具(ペン、紙)はどんなものを?

「文字が多く説明くさくなってしまう」(理容業 男性)

POPを作成すると、文字が多くなりやすく、説明くさくなるもっと端的に、どんな商品かお客様にとって必要の有無がわかりやすくしたい


「見込み客にうまく訴求できない」(整体師 男性)

商品説明ではなく、いかに見込み客の欲求に対して訴求していくかが、明確に出来ない事。


「見やすいように書けない」(石材業 女性)

いろんなペンや材料を買ってもうまく書けない。
見やすいように書けない。
説明が長い文になって何をアピールしたいのかわからない。


「手書きチラシにも応用したい」(美容師 男性)

インパクトのある言葉。手作りチラシにも応用したい。

「ポップを書いたことがありません」(飲食店 男性)

飲食店ですが品書きがまったくないスタイルで営業しています。
店頭にはポップも一切ありません。ですので書いた事がありません。
こんな営業スタイルでpopをどう生かしていいかわかりません。


「ポップを書く時間がとれない」(食品小売 男性)

とにかく毎日、朝の仕入れから開店まで時間がなくてなかなかじっくりポップを書く時間も取れない状況なので、短い時間でポップが書けるコツを知りたいです。

「とにかく悪筆!」(婦人服 男性)

POPが、書けない。
上手に書こうとしすぎるのでしょうか??とにかく、悪筆!


「アイデアがない」(パン職人 男性)

何をどのように書けばいいのかアイデアがない


「経費をかけずに売上を伸ばしたい」(パート 女性)

大手スーパーに負けない販促広告費をかけずに売上を伸ばしたい

「売り側サイドの書き方になる」(飲食業 男性)

やっぱり、どうして書こうかと書き出し前に悩みます。
書きながらどうしても売り側サイドの書き方になります。
ちょっとしたヒントになればと思っていた時にこのメールに出会いました。

「人柄が感じ取れました」(エステサロン 女性)

いつもメールありがとうございました。
文章からとても、人柄が感じ取れました。
今マネージャーとして頑張っていますが、集客販売、人材育成となかなか、指導がうまくできず、一人悩むことおおく、POPを通して心に感じ取って頂ける用になれたらと思っています。


「購入まで結びつきません」(理容室 女性)

POP書いたりするのは好きでマメに作るのですがついつい商品の良さを知って頂きたいと、長々と説明を書いてしまいます。
シンプルに簡潔にを心がけるのですがどうしても文字がずらずら・・・
お客様は読んで下さったりするのですが、購入まで結びつきません・・・。
ぜひ参考にさせて頂いてPOP作りを極めたいと思ってます!(笑)よろしくお願い致します。


※ご入金を確認後、オンライン動画をご覧になれるURLをメールにてお届けいたします
(DVDなどのパッケージは届きません)

 

追伸:

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

20代、何の仕事をやっても続ける事ができませんでした。
ニュージーランドに1年間住んだ事もあります。
通訳を目指した事もあります。
農業をしたいと思った事もありました。

しかし、何をやっても続けれませんでした。

「これは、自分のやりたい事じゃない」
言い訳をつくっては、転職を繰り返す。
簡単に言えば、仕事をするのが嫌で現実逃避をしていたんだと思います。

そんなある日、自宅近くの職業安定所のパソコンで働き先を探していたら、
ある1件の企業情報に目が留まりました。

『生産者から直送された安心・安全の野菜を売るお店』

これが、私の人生を変えた瞬間。
ターニングポイントとなりました。

そのお店で商品を売る悦び。
お勧めした商品が売れる、充実感。
お客さまとコミュニケーションをとる楽しさ。
すべてを学ばせてもらいました。

ある意味、今のビジネス、人生の原点です。

そして今は、人生を変えてくれた手書きPOPを日本中に広めたいと思っています。
あなたにも実践して頂きたいと思っています。

長い手紙を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
またどこかで、あなたとお会いできる事を楽しみにしています。