ありがとうございます。 おかげさまで、満席になりました。
キャンセル待ちでよろしければ、お受けできます。
(下記お申込みフォームからご登録お願いいたします)

手書きPOPは商品を売るだけじゃなく、お客さまとのコミュニケーションにも役立つ。
 
僕自身の経験や、ご縁をいただく方を見ていて感じることです。

言ってみれば、販促だけじゃなくって、お客さまと仲良くなれる。
そんなツールになるということです。

…こちらの手書きPOPをご覧いただけますか。
 
以前、僕のセミナーに参加された方のPOPです。
トリミングサロンのオーナーさん(女性)が書かれました。
セミナーで下書きをし、後日、写真を貼って清書。
お店に設置されました。
 

諭吉くんも大好物♪
GOWAN ごわん

フードの数は山程あって選び切れないし、
どれも同じじゃないの?って思いますよね。
確かにパッケージだけでは分からない…。
GOWANは開けた時の香りが、美味しそう。
自分でも味見してみようと思う様な
お出汁の香り!どのフードも1袋食べ切らず
飽きてしまう諭吉くんも、ずっとGOWANを
食べてくれています。

最近ファンが増えて、、仕入れても仕入れても
すぐ売り切れちゃうんです(笑) ¥1,944

  
こちらのPOPを置かれた後、売上は80%アップになりました。
順調にお客さまへその価値が伝わっています。

メッセージを読んでいただくと分かるように、
こちらは、単に商品のメリットを伝えるだけのモノではないでしょう?
 
「インパクトのある言葉があって、、、」
「商品をガリガリ売り込む、、、」
そんな文章が書かれているという感じではありませんよね?

どちらかというと、語りかけられているような、、、
そこにお店の方はいないんだけど、何だか話を聞いているような。
もっと言うと、POPを書いた方の人柄が伝わってくる、
そんな内容の手書きPOPでもないですか?

今回あなたに書けるようになっていただくのは、このような手書きPOPです。

まるであなたに話しかけられているような、、、
あなたの人柄を感じるような、、、
読んだお客さまが、あなたと話したくなる。
そんな、お店のなかでお客さまとのコミュニケーションが増える。

POPを通じてお客さまが集まるようになる、集客につながるPOPです。

「手書きPOPセミナー」を大阪、東京で開催します。

テーマは、「お店の魅力を最大限引き出す」。
「お店の人間(スタッフ)」が「お店の魅力・価値」になる。
そんな手書きPOPの書き方を一緒に学びます。
 

  • お店でお客さまとの会話が増える
  • 「お店に行くのが楽しくて…」そう言ってくれるお客さまに囲まれる
  • 毎日の仕事が楽しくて仕方がなくなる

 
商品の販売促進だけじゃなく、お店の価値を最大限引きだす、
実店舗が持つ魅力を最大限発揮する、手書きPOPをマスターできます。

書くのは好きだけど、伝え方がわからない、、、ぼんやりしてた部分がはっきりしました。
これからは、もっともっと楽しく書けそうな気がします。
POPで「お客様と会話する」ステキですね。
ありがとうございました。
(セラピスト U・Mさん 女性)
 

とにかく自信がないのです。
患者としてこられる方へ、どのようにアピールすればよいのか、怖いと思っていました。
でも、POPにのせれば、患者様の方から興味を持っていただけると大いに期待します。
ありがとうございました。
(治療院 T・Aさん 女性)
 

物より人というところに最も感心しました。
物=スペック
人=ベネフィット
今の時代は、スペックが良くてあたりまえ。価格対効果良くてあたりまえの感がありますが、人の登場で気持ちが伝わるように思えます。
気持ちを伝えたいと思います。
(小売・EC 水野敏昭さん)
 

今日はありがとうございました。
具体的な事例を元にとてもわかりやすく、為になるセミナーでした。
「目立つ」「目に止まる」事を重視していましたが、言いたい事を「伝える」という事を気にかけていきたいと思います。
今後のチラシ作成にも役立てたいと思います。
(カルチャースクール K・Sさん 女性)
 

先生からPOPの重要性をお聞きして目からウロコの話で大変勉強になりました。
今日からためしていきたいと思います。
(美容室 M・Mさん 男性)
 

 

POPの上手な前担当者の後に今の店舗の異動になり、POP書きがゆううつでした。
絵も苦手で、、、
でも書き方を順番で教えて頂けて、まずは”真似する事”から始めます。
文章を書くのは好きなので、POPが書けるようになりたいのです。

お客さんの心の中に少しでも商品のイメージが残ってくれればいいなと思います。早速明日、今日のを清書して売場に貼ります。
本当に今日はありがとうございました。お会い出来て嬉しかったです。
今日の出会いに感謝しております。
(小売(ドラッグストア・化粧品担当) 女性) 
 

POPは作るものの手が間をかけすぎたり、何をどうかいたらいいのかと。
とりあえず、POPつけておけばいいかという気持ちから。
そんなにたくさんのPOPを作らなくても、1つ2つ毎週何かは作りたいな。
作ることでお客様との会話にもつながるんだなと分かりました。

3つのポイントを使うことで、売り込むこともでき、コミュニケーションも出来る。
また足を運びたいと思ってもらえる店作りにもつながると思います。
おっくうだったPOP作りが楽しくなりそうです。
(矢田智恵さん コンビニパート)

満席となりました。
【キャンセル待ち】でよろしければ、お受けできます。
下記よりお手続きお願いいたします。

POPを通じてお客さまとのやり取りが増えると、イイこといっぱいです。

お客さまとのコミュニケーションが増えるということは、イコールお客さまと仲良くなれるということ。
商品の話をしたり、時にはお子さんやご家族の話をする、
そんなお客さまが増える。
 
気軽にお話しできるお客さまに囲まれて仕事ができると、楽しいですよね。
「仕事」が「仕事」でなくなります。

さらに楽しいのはあなただけじゃなく、お客さまも同様です。

お店であなたと話をする楽しみができる。
買い物が楽しくなる。
期待感を持って、お店に来てくださいます。

まさに、お店が1つのコミュニケーションの「場」になる。
実店舗ならではの強みを最大限引き出すカタチ。
オンラインでは、なかなか得難い貴重な価値がお店に生まれます。

実店舗が持つ魅力を最大限発揮。
商品の販売促進だけじゃなく、お店の価値を最大限引きだす。
そんな効果を手書きPOPをつかって実現していきます。
 
というわけで、今の僕の話に興味を感じられたなら、ぜひ一緒に楽しみましょう。
あなたとお会いできることを楽しみにしています。

こちらは、既に参加申し込みをされた方からのメッセージ(一部)です。
 

以前手書きpopに自己流でトライしましたが、スタッフから思いきりダメ出しされて、挫折したので、臼井さんからしっかり学んで良いpopをかけるようになりたいです。
宜しくお願いしますm(_ _)m
(リラクゼーション 男性

 
 

書くだけのPOPを伝えるPOPに変えたいのです。
現場で生かせるように学びに行きます。
(飲食店 男性)

 
 

先日よりメールで何度かお世話になっております。
海産物●●●の●●です。当日はご指導よろしくお願いいたします。
現在売上げ好調に伸びておりますので、確実なノウハウを吸収して帰りたいと思います。
(海産物店 男性)

 
 

自分のレベルアップの為に、セミナーに参加させて頂きたいと思っています。 
小手先だけのテクニックではなく、気持ちを伝えるPOPを書けるようになりたいです。
よろしくお願いします。
(卸・小売店 男性)

 
 

いつも配信メールを楽しみにしています。
今回の参加は当店の女性スタッフ2名でお願いいたします。
にぎやかで売ろうとするポップ作りを目指します。
(コンビニエンスストア)

 
 

ずーっと手書きにこだわってやってきましたが、イマイチ思いがきちんと伝わっていない気がします…
何か気づきがあれば嬉しいです♪よろしくお願いします!
(セラピスト 女性)

 
 

こんにちは。3月が、待ち遠しいです。
セミナーに参加して、早く成果をあげたいです。
(サービス業 女性)

 
 

いろいろ悩んで頭の中がぐちゃぐちゃです。
とにかく行動しなければ!と思っていましたが、何から手をつければよいのやら・・・
化粧品を売りたいです。でも売り込みが苦手です。
水筆と顔彩は購入しましたので自分なりにやってみてからセミナーに参加したいと思っています。
(カイロプラクティック・エステ 女性)

 

臼井が過去におこなった手書きPOPセミナーのダイジェスト動画です。
(流れている内容は、今回のセミナーと違います)
 

本日は臼井先生、ありがとうございました。店販売るのは今でも大嫌いな私です。でも「手書きPOP」こんなツールがあったんですね!
明日からまた新たな気持ちでPOPに力を入れて行きます。「手書きPOP」の重要性、、、1番は”人”とのかかわりなんですね。
(彌勒覚さん 美容室)
 

 
POPは短いコトバで書くものだという今までの考えをくつがえされるセミナーでした。
自身の内面を伝えれば、長文でも充分伝わることを感じました。
明日から早速実践していきたいと思います。ありがとうございました。
(メガネ店 井手等さん)
 

 

本当に一期一会に感謝です。
どうにかお店をしたいという思いで、手書きPOPと検索すると臼井さんにたどりつきました。POPを通してお客様とまたいろいろな話しができて、たまごの知識を再度確認していただければと思ってます。
本日はありがとうございます。これからもよろしくです。
(桑山直希さん 養鶏業)

 

本日はありがとうございました。
お客様と関係性をつくるためにどうしたら良いのか悩んでいました。POPを通して自分自身のこだわりとかを伝える事の大事さを教えて頂きました。
どちらかと言えば、自分から売り込むのが苦手なので、文字にする事で伝えて行きたいと思います。
(薬店経営)
 

実際に自分で書くことで、読むだけとは違う理解ができました。
POPレターを出した方がいいとは思っていても、書く内容に詰まったり、つい後回しにしていたので、来月からさっそく書いていこうと思いました。参加して良かったです。ありがとうございました。
(清水たかこさん 飲食・ネットショップ) 
 

DVDで見ていた臼井さんにお会いできたことが、まず嬉しかったことです(笑)
具体的なワークを通して、やるべきコト・やりたいコトが明確になりました。ありがとうございます。
ニューズレター、頑張るぞー。
(安達美和さん 営業マーケティングコミュニケーター)
 

 

今日はありがとうございました。
何よりもブログからのつながりで臼井さんと直接会うことができて、すごくうれしいです!
生の臼井さんは更にいい!と感じました。
また最近、もう一つニュースレターを作ろうとしていたので、その内容にぴったりのタイミングでした!
書くことに対して、自信と楽しさを頂きました!
早速来月からPOPレターを活用し、人との定期的なつながり、信頼の絆づくりを習慣化していきます。ありがとうございました!
(塩崎俊樹さん 人財活用支援) 
 

POPのことだけでなく、販促物や接客、お店の心がまえにも通じる部分の考え方を学べたように思えます。
これからも楽しく実践、だめだったら変えてみようと思います。ありがとうございました。
(杉元彰博さん はんこ店) 
 

はじめてのPOPでした。長い文章はダメなんじゃないか。キャッチコピーがうかばないなど、自分の中でダメだと思っていたことが、それでも良いと言われて自由に書くことが出来ました。
ポイントをおさえるとなんとか自分でも書いていけそうな気になりました。
書くことが楽しかったです。
(加藤一美さん セラピスト)
 

治療院にPOPは不似合いだと思ってました。
でも、自分の治療に対する思いや説明を楽しい感じで伝えれそうな気がします。
もっともっと楽しく関係性を造って、人生を楽しみたくなりました。
(藤本理史さん 治療院)
 

本日はありがとうございました。
デメリットを先に伝える、共感を得る等、本での知識は「知っている」状態でした。具体的に落とし込んで理解することができた気がします。
少しずつですが、がんばってPOPを作って、楽しく仕事していきたいと思います。感謝!
(菊池剛さん 飲食店)

満席となりました。
【キャンセル待ち】でよろしければ、お受けできます。
下記よりお手続きお願いいたします。

手書き販促クラブ 主宰者プロフィール

臼井浩二 うすい こうじ


正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店でほぼゼロに近い広告宣伝費の中、年商1億3千万円を稼ぐ。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察も殺到。パート募集をすれば、「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。
現在は、企業やショッピングモールでセミナー開催など年間500名以上の受講者への講習や販促コンサルティングを行う。また商工会や自治体などでの販促アドバイザーとして小規模事業者への指導にもあたり、手書きPOP を使ったその手法は、分かりやすく実践的と好評。
会員からは、「書く(伝える)楽しさ、今の仕事に喜びを与えてくれた人」と評される。趣味は、映画鑑賞・DIY、そして1人娘と遊ぶこと。
 

※外部アドバイザー実績
■高知県委託業務公募型プロポーザル委員会 審査委員
■高知県農林水産物直販所支援事業アドバイザー
■高知県小規模事業者等支援事業 外部専門家
■高知県商工会連合会 販促アドバイザー
■高知県立農業大学校「特別講義」講師 …他